事業の取り組み

  • 事業推進 STAGE.3
    第三創業期戦略 ~新規事業への取り組み~
    設立から20年を経過し、弊社は次のステップを踏み出しました。 弊社では『第三創業期戦略ヴィジョン』を策定しております。全社員でビジョンを共有、目指す事業方向性を明らかにし『ブレない企業体』として成長中です。
    長年にわたるノウハウを蓄積してきた業務系システム構築分野のさらなるレベルアップを図りつつ、 携帯電話開発等のエンベデッド事業、ネットワーク/インフラ事業にも進出、事業領域拡大に努めてまいりました。
    2015年にはEC事業にも進出、ECショップ『SyunSyunVillage(しゅんしゅんびれっじ)』の運営実績/ノウハウも保有しました。 また、ITサービス事業では、各有力企業様とのパートナー契約を締結。
    お客様の課題解決を第一に、自前に拘らない解決提案ができる企業となるべく尽力しております。 現状維持に保身することなく、変化/改革を楽しみ、さらなる業務分野拡大に努めてまいります。 常にそのような企業/組織でいられることこそ、弊社の目指す方向性です。
  • 事業推進 STAGE.2
    開発チームを成功に導くリーダーシップとコミュニケーション
    チームとしてシステム開発を遂行するPJ現場では、スムーズで的確なコミュニケーションこそが成果を左右します。そして多くの人間が関わるチームでは、メンバーをまとめるリーダーが大きな役割を果たしています。
    弊社のスタッフは、コミュニケーションの重要性をしっかりと認識し、チームとしてPJを動かしていくリーダーシップを持った人材が揃っています。
    発生する様々な問題を解決し、ゴールに向かっていくために、自分たちのコミュニケーション力・人間力を磨いていくことが不可欠だと考えています。
  • 事業推進 STAGE.1
    豊富な経験に裏打ちされた実践的な技術とノウハウ
    弊社は長年システム開発の最先端で実践を積み重ねて参りました。厳しく難易度の高いPJ現場で培われた技術力は、知識だけではなく、豊富な経験によって裏打ちされています。
    この実践的な技術とノウハウによって、弊社はこれまでに多くの顧客の高度な要求にもしっかりお応えして参りました。
    これからも積極的に新しい技術へのチャレンジを続け、顧客のビジネスを成功に導く『システム構築サービス』を提供していくことにより、顧客満足度を向上、弊社の存在意義を追求してまいります。